MAN WITH A MISSION 5人組のオオカミバンドが超カッコイイ!!

「MAN WITH A MISSION」5人組のオオカミバンド。その正体は?Grantz?素顔は?そしてノリノリの曲や動画等、マンウィズのこと色々と紹介しちゃいます。
 

カテゴリー:トップ

2014年03月11日

「MAN WITH A MISSION」って何者?





今大ブレイク中の「MAN WITH A MISSION」

何それ?おいしいの?って言わないで下さいね(笑)


「MAN WITH A MISSION」マンウィズアミッション

略して「MWAM」もしくはマンウィズと呼ばれています。


元々は「Grantz」なんじゃないかと噂のある5人組の

超カッコイイロックバンドですね。

なんと首から上はオオカミ、体は人間という変わった風体です。

↓ ↓ こんな感じで ↓ ↓
img_431640_63424750_0.jpg


英語の歌も達者なので、外国人?という噂もありましたが

どうも5人とも日本人のようです。


とにかく正体というか素性が、今のところ全く明かされませんね。

まあ噂ではGrantzだとか・・

Grantzというバンドに関しては調べてみましたので気になる方は

コチラのページ見て下さい。


演奏自体はかなりのレベルだと思うので、結構しっかりバンド活動

やってきた面々ではないでしょうか。


でっ、デビューまでに以下のような生い立ち(笑)があったようです。

19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、
エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果
てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスに
よるマッドサイエンスの結果生まれた生命体とされる。

ジミー自身はギターを趣味としていたことで、音楽の
能力がプログラミングされた。
超人的な肉体と頭脳を持つため、アドルフ・ヒトラー
ヨシフ・スターリンと言った権力者から、ギレン・ザ
ビに至るまで利用されることとなり、罪の意識に苛ま
れたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換え
に南極の氷河の中に氷漬けにした。

凍結中は、オオカミならではの発達した聴覚で世界中
の様々な音楽を聴いていたが、1997年に開催された
AIR JAMで演奏された音を聴いたことをきっかけに、
音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すよ
うになる。

以後凍結状態が続いていたが、2010年になり、地球
温暖化の影響で氷が融けてしまったために復活し、
バンド活動を開始した。



ということなのですが、

このバンドの背景、結構細かく設定していますよね。

19XX年、ってなんかありましたよね・・199X年世界は核の・・(ホーアッター!!)



実際の歌はコチラのページに動画を用意してますのでご視聴下さい。



他にも色々と「MAN WITH A MISSION」の魅力をつめこんでますので

ゆっくりと観ていって下さいね。

トップへ戻る
posted by shigemaru at 13:58| Comment(0) | トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
回線速度
                                                                                                                                                                                                                                        
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
MAN WITH A MISSION マンウィズ マンウィズアミッション MWAM 正体 Grantz Mステ Emotions オオカミ
カテゴリ
過去ログ
                                                                                                                                                  
                                                                                                                      
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。